こだわりたいサムシングフォー!結婚式の小物

何か古いものを身につけよう

結婚式のときに身につけておくと幸せになれる、といわれているのがサムシングフォーという4つのものです。まずはサムシングオールド、何か古いものを身につけましょう。母親や祖母から譲り受けた指輪を婚約指輪に作り直して身につけている人が多いようです。単に古いものというよりは、代々の歴史が受け継がれているもの、という意味合いが強いですね。婚約指輪を購入するための費用の節約にもなり、家族の愛情がこもったお守りにもなります。

何か新しいもの、借りたものを身につけよう

それから、サムシングニューとサムシングボローです。結婚式の当日に何か新品を下ろして身につけましょう。着るものは限られてきてしまいますし、その日しか着られない可能性もありますので、ハンカチを新しく作る人が多いようです。自分と相手のイニシャルを刺繍するなどすると記念にもなります。また、誰かから借りた何かを身につけるともいわれています。既婚で幸せいっぱいの友人からハンカチを借りたり、手袋を借りたりすることが多いです。

何か青いものはこっそりと

最後のサムシングブルーですが、これは花嫁の純潔を表すと言われます。なのであまりおおっぴらに見えない部分にこっそり使うのが主流です。指輪やネックレスのデザインに青を少し入れたり、ブーケの花にこっそり青い花を入れたりします。あとは、下着に青いリボンをつけるなどが一般的でしょう。これらは絶対にしなければならないわけではなく、これがないと幸せになれないわけではありません。結婚式を楽しみにするためにあれこれ考える時間を楽しむつもりで揃えると良いでしょう。

ウェディングドレスは結婚式で花嫁を引き立たせるための衣装なので、妥協せずに好みに合致したデザインの物を選ぶことが大切です。また、ボディラインや肌の露出を強調するドレスもあるので、慎重に判断します。