子供の結婚に親はどこまで干渉していいのか

サポート役に徹しましょ

親は子供の結婚には、できる限り干渉しないようにしましょう。子供の結婚式に張り切る親は多いですが、結婚するのは自分たちではありません。子供です。本人たちの気持ちを最優先にすることが基本になります。とは言え、一切口をはさんではいけないと言うわけではありません。本人たちも親も招待客も満足する結婚式にする必要があります。準備の主導権は子供に任せて、親は要所要所に目を配るようにしましょう。サポート役に徹することです。

結婚費用を援助する場合

現在、子供の結婚における親の重要な役割は、金銭的な援助をすることです。約7割のカップルが、親から結婚費用の援助を受けていると言われています。お金を出すのだから口も出させてもらうと言う親もいますが、それはいけません。使い道について細かく口をはさんだりするのはやめましょう。また、必要以上の金額を負担するのも考え物です。援助する際は、二人の希望や計画を聞き、納得したうえで不足分を出すと言うことが大切です。

意見がぶつかり合うこともあるでしょう

また、どうしても意見が異なることもあるでしょう。とくに、最近は豪華にするのか堅実にするのかで意見がぶつかり合うことが多いです。親世代は結婚式は豪華にと言う考えを持っていることが多いです。しかし、現在の結婚式はあまりお金をかけないのが当たり前になりました。ジェネレーションギャップはなかなか理解できないでしょう。しかし、お互いにじっくり話し合うことが大切です。意見を一方的に押しつけることがないようにしましょう。

今人気の結婚式場を東京で探すポイントは交通アクセスが良好な場所が準備にも参加する側にもとても有利です。